こじらせたくない人間関係

新しくアルバイトを始めるときには、その職場の雰囲気を知ることが大切になる。職場とはいえ、複数の人間が共に過ごしていれば、そこには関係性が生まれてくるからだ。職場の上下関係は単に歳を取っているかだけでなく、勤務年数や経験・仕事の出来る出来ないも大いに関係してくる。
その職場のボスやお局的な存在を察知することで、余計なトラブルを回避することも可能になってくる。権力を持っている人を知らない間に蔑ろにしてしまうと、いらぬ誤解を受けたり問題を起こすことにつながってしまうからだ。誰がリーダーになっているのか、またそこに近づいているグループはどんな人がいるのかも知っておくと良いだろう。職場の人間関係は、縄張り意識が強いので、グループ内の人を悪く言うような人がいれば、とたんに関係はギクシャクしてしまう。そういった地雷を踏まないように、場の雰囲気を呼んで観察することが必要である。
職場によって年齢層や男女比も異なるので、自分に合った層が多いと思われる職場を選ぶことも大切で、同年代同士のほうが付き合いやすいと感じたらそのような職場を選ぶのが良いだろう。スーパーやコンビニエンスストアなどでは主婦層と学生層がどちらも多いが、時間帯によって入れ代わりがあるのでどちらかに固まる場合が多い。気が合うような同僚が見つかることは良いことでもあるが、親しくしているうちに噂話や悪口、愚痴などに発展することも多く、他人に聞かれて困るような発言をするとうっかりもれてトラブルに発展することも考えられるので注意が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です