職場の人間関係の種類

アルバイト先の人間関係は、大きく分けて「後輩」「同僚」「先輩」に分けられるのである。それぞれとの関係を円滑にするために、気を付けたいマナーをチェックしておくべきだ。
例えば、後輩は派閥があるアルバイト先の人間関係を乗り切るためにも重要な存在である。有能な後輩を他の派閥にとられないように、できるだけ自分から率先して仕事を教えていくべきだ。先輩風を吹かせて高慢に接してしまった場合、逃げられてしまうのである。また、同僚との関係はバイトを楽しくする上で大切なものだ。同僚はライバルになりがちであるが、相手の方が仕事の覚えが早かったとしても嫉妬心を抑える努力が必要である。職場における人間の評価は、単純な作業量だけではないのである。人間関係を和やかにする事ができる力も、上司にとって評価ポイントであるから、我侭な一面を出して同僚を蹴落とすような振る舞いは避けるべきである。
そして、何よりも大切なのが上司や先輩との関係である。こうした関係は職場の居心地を左右するだけでなく、自分の昇進にも関わって来るから重要なのだ。社会人として目上の人に対して守るべきマナーをチェックして接するべきだ。一方先輩がパワハラをしてくるような人物だった場合、できるだけ人事権を握っている上司に訴え出る事が大切である。パワハラをするような人物は下手に出るほど付け上がるものであるから、できるだけ自分で対処すべきである。法的に違法な行為をされた場合、外部の機関に訴え出るべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です